外壁塗装の見積申込はこちら!

外壁塗装を考えている方の中には、

「手抜き工事とかされそう…」
「トラブルも多いって聞くし心配だな…」

と感じている方も多いはずです。

外壁塗装は、場合によっては100万円以上かかることもあるので、トラブルは何としても避けたいところですよね。

とはいえ、外壁塗装をしないままだと家がどんどんダメージを受ける事になります。

 

そこで今回は、トラブルを避けるための方法について見ていきます。

ありがちなトラブルについては<こちらの記事>にまとめています。

 

 

 

私は以前まで塗装業者で働いていましたが、ハッキリいうと「どの業者を選ぶか」がとても大切な業界です。

悪徳業者だと、訪問販売で無理やり契約を迫ってきたり、手抜き工事・費用のかさ増しをするケースもあります。

費用については、塗料や塗布面積によってある程度は適正価格は決まっているんですが、専門的な作業なので不正をしても利用者にバレにくいっていう背景があるんですね。

 

もちろん業界全体が不正をしているわけじゃありませんが、トラブルやクレームも多いです。

2016年に国民生活センターに寄せられた相談件数は、年間で約6600件、1日あたり20件近いそうです。

 

でも優良業者なら、適正価格で丁寧な仕事をしてくれます。

もちろんトラブルは起きにくいですし、使用した塗料の耐用年数に見合う保証が付いていたりするので、数年後にもしサビや塗料の浮きが出てきても安心できます。

 

外壁塗装はなぜトラブルが多い?

 

まずは、外壁塗装などのリフォーム工事でトラブルが多い理由を知っておきましょう。

それは、この2つです。

①1社だけしか見積もりを取らない
②訪問販売を利用している

 

①1社だけしか見積もりを取らない

 

日経BPコンサルティングの調査によると、外壁塗装などリフォーム工事をする時に見積もりを1社しか取らない方が約7割という結果が出ていました。

つまり、ほとんどの方は1つの見積書だけを見て工事を決めているという事です。

 

考えられる理由は、

「もう一度見積もりを取るのが面倒…」
「紹介してくれた知人や親戚の顔を立てなきゃいけない」

という所でしょうか。

 

でも、1社しか見積もりを取らないのは危険です。

見積もりを取ったのが悪徳業者の可能性もあるし、費用が異様に高かったり、後からどんどん高くなったり、仕上がりがダメでやり直しになる事もあります。

 

病院でも手術が必要なケースなどは、別の病院でも診察を受けて意見をもらう「セカンドオピニオン」が重要です。

1人のドクターだけでは分からなかった本当の原因が、別のドクターに診てもらうことで分かる可能性もあるからです。

それと同じで、1社から見積もりを取るだけで工事に進むのは危険です。

 

「もう一度見積もりを取るのが面倒…」

という気持ちも分かりますが、手間がかかっても必ず2社以上から見積もりを取って比較するようにしましょう。

これなら、見積額が異様に高い場合はすぐに分かります。

もちろん

○担当者が信用できそうか
○見積書について質問してもきちんと答えてくれるか

ということも確認できます。

 

「紹介してくれた知人や親戚の顔を立てなきゃいけない」

というケースもあると思いますが、その業者を選んで仕上がりが不十分だったりトラブルが起きる方が、紹介してくれた相手の顔に泥を塗ることになるはずです。

 

②訪問販売を利用している

 

これも実際によく起きているケースのようです。

同じく日経BPコンサルティングの調査だと、悪徳リフォーム被害の約8割は訪問販売してきた業者を利用していました。

 

これは、外壁塗装を含むリフォーム業者の背景にも問題があります。

 

病院なら医師免許を持った人間も必要だし、保険医として届け出をする必要があります。

でもリフォーム業者には、こういった登録制度がありません。

つまり、誰でも簡単に新規参入して工事をすることが出来るんです。

 

十分な経験や知識がない業者だからこそ「数撃ちゃあたる」で色んな家を訪問して、たまたま契約をしてくれる人を探しているんでしょう。

だからこそ、訪問販売をしている業者を利用したときのトラブル率が約8割もあるんです。

もともと知名度が高くて信頼されている業者なら訪問販売なんてしなくてもいいですからね。

 

外壁塗装のトラブルを避けるためには?

 

トラブルが起きる理由を上で説明しました。

つまり外壁塗装で大切なのは、

○正しい方法で、信頼できる業者を選ぶ
○訪問販売してきた業者を利用しない

この2つです。

 

信頼できる業者を選べば、そもそもトラブルに悩まされることもありません。

実績と知識が豊富な優良業者を選ぶことができれば、後悔しない外壁塗装が出来ます。

もし万が一トラブルが起きても、その対処法について知っておけばスムーズに外壁塗装を進めることが出来ます。

 

外壁塗装業者の正しい選び方

 

良心的で安心できる業者を選べれば、後で説明するようなトラブルが起こる可能性もグッと下がります。

外壁塗装の業者を正しく選ぶことは難しいですが、一番大切なポイントです。

 

塗装業者に勤めていた私の経験もふまえて、友人・知人が外壁塗装をするときは必ず以下のポイントを伝えています。

①業者を厳選している一括見積りサイトを使う
②現地調査がきちんと行われているか確認する
③自分に合う業者かどうか確認する

では、順番にまとめていきます。

 

①業者を厳選している一括見積りサイトを使う

 

全国には外壁塗装を行っている業者が無数にあります。

東京都千代田区で外壁塗装が出来る業者に絞っても、ざっと100社近くありました。

なので、私達が業者の実績や評判を1社ずつ確認するのは無理があります。

 

たとえ以前から関わりがある工務店とかがあっても、外壁塗装の実績が少ないならリスクもあります。

業者にも専門分野があるので、実績が少ない業者に依頼すると2,3年で塗装がサビたり剥がれる可能性もあるからです。

 

でも一括見積りサイトは、あらかじめ調査・審査した上で業者と提携しています。

つまり、審査が厳しい一括見積りサイトを利用すれば、自然と「悪徳業者を選ばなくて済む」ようになります。

 

私が知っている限り、業者の選定基準が一番厳しいのは「外壁塗装の案内所」ですね。

 

公式サイトを見てみる

 ↓↓↓↓


外壁塗装の見積申込はこちら!

 

「外壁塗装の案内所」では、

○塗装業者として届け出を出しているか
○塗装技能士などの有資格者がいるか
○業者や職人に5年以上の実績があるか
○自社施工をしているか(下請けに丸投げしないか)
○ネット上の口コミに問題はないか
○過去の実績が十分にあるか
○利用者アンケートで悪い評価が付かなかったか

こういった審査を行います。

 

さらに、利用者アンケートで悪い評価が付いた業者は除名する制度があります。

つまり、今後「外壁塗装の案内所」では紹介されなくなるので、悪徳業者はどんどん減っていく仕組みです。

 

私達の代わりに「良心的で安心できる業者」を提案してくれるので、利用した方がトラブルに遭う可能性はグッと減ります

もちろん利用してもお金はかからないので、友人・知人には必ず勧めています。

 

「外壁塗装の案内所」では、私達と業者の間に担当アドバイザーが入ってくれるので、日程調整や値下げ交渉・お断りの連絡まで代行してくれます。

「見積もり依頼をしたら業者と話したり断ったりするのが面倒」って方も、担当アドバイザーに伝えるだけなので簡単ですよ。

 

一括見積りを利用するならこちらから。
外壁塗装の見積申込はこちら!

 

②現地調査がきちんと行われているか確認する

 

現地調査では外壁の状態や利用者の希望・塗布面積などを確認して、詳しい見積もりを出してもらいます。

現地調査という「診察」をきちんと行う事で、業者に「治療」してもらえるというイメージです。

 

悪徳業者は現地調査が適当にすませる事も多いので、後からどんどん費用がかさんだりスケジュールが延びたりして、トラブルの元にもなります。

現地調査をじっくり行うなら、1時間近くはかかるはずです。

塗布面積がかなり狭いなら別ですが、30分以内に終えるような業者は少し不安ですね。

 

他にも、

○こちらの質問に分かりやすく答えてくれるか
○こちらの要望を伝えた時に柔軟に対応してくれるか
○写真・動画で劣化部分などを確認させてくれるか
○営業担当だけでなく職人の方も現地調査に来ているか
○調査報告書を分かりやすく作ってくれるか

こんなポイントをチェックしておくと良いでしょう。

 

現地調査は複数の業者にしてもらって、後から総合的に比較しましょう。

こうすれば費用を抑える事も出来るし、明らかに値段設定がおかしい業者はひと目で分かります。

③自分に合う業者かどうか確認する

前にも少し書いたとおり、業者にも専門分野があります。

バリアフリー化などリフォームの実績は十分にあっても、外壁塗装の経験が少ないなら少し不安が残ります。

なので、その業者が「どんな工事で実績を積んでいるか」は必ず確認しておきましょう。

 

あと地元に密着している業者なら、真剣に取り組んでくれる可能性が高いです。

その地域で悪い評判が広がったら仕事がかなり減るはずなので、そうならないために良い仕事をしてくれるでしょう。

 

もちろん、自宅からの距離や担当者との相性も大切です。

あくまで目安ですが、片道1時間以上かかるような距離だと柔軟な対応がしづらいので、アフターフォローにも不安が残ります。

担当者とは工事が始まればやり取りすることも増えるので、「この人は苦手かも…」と思うような担当者がいるなら業者を変えたほうが賢明ですね。

 

外壁塗装業者の選び方 まとめ

 

ここで一旦まとめておきましょう。

業者選びで大切なのは、3点です。

 

①業者を厳選している一括見積りサイトを使う

⇒私達が地元業者を1社ずつ調べるよりも、早くて正確
⇒実績が不十分だったり悪質な業者の大半を除外できる
⇒値下げ交渉や断りの連絡も代行してくれる

 

現地調査がしっかり行われているか確認する

⇒1時間ほどかけているか
⇒要望・質問に対応してくれているか
⇒営業担当以外に職人も同行しているか
⇒写真や動画で説明してくれるか
⇒調査報告書が分かりやすくなっているか

 

自分に合う業者か確認する

⇒外壁塗装の経験が豊富か
⇒地元に密着している業者か
⇒自宅から近いか
⇒担当者との相性は悪くないか

 

3つありますが、特に大事なのは①です。

ここで一括見積りサイトを使えば、トラブルに遭う可能性はグッと下がるはずです。

 

業者の選定が一番厳しいと感じたのは「外壁塗装の案内所」です。

 

公式サイトを見てみる

 ↓↓↓↓


外壁塗装の見積申込はこちら!

 

ここを利用した上で、②と③をチェックして複数業者から見積もりを取れば、大半のトラブルは防げるでしょう。

 

いかがでしょうか。

ご存じだった方も多いと思いますが、やっぱりトラブルが多い業界だと言えます。

 

でも、外壁塗装はいつかしないといけません

せめてトラブルに合う可能性を下げるために、一括見積りサイトを使ったり現地調査の様子を確認して、信頼できる業者を選びましょう。

 

 

 

<プロフィール>

私は38歳の時から今まで6年ほど兵庫の塗装業者で働いています。

色んな家の工事・外壁塗装とかをしているので、最近家をリフォームしたい友人・知人から相談を受ける事も増えてきました。

外壁塗装はお金も時間もかかりますが、放置しておくとひび割れとか劣化で家がダメージを受けるので、慎重にかつスピーディーに業者を探す必要があります。

このサイトでは私が知っている事を色々まとめているので、良ければ参考にしてください。

 

© 2019 外壁塗装 トラブル rss